前へ
次へ

離婚裁判には事前の準備をしっかりとしたいもの

離婚調停などの話し合いも折り合わず、最終的に離婚裁判になってしまった場合に、事前に知っておくこととは、どのようなことなのでしょうか。まず離婚調停ですが、各地方の家庭裁判所で行うもので、離婚裁判を行うには、まずこちらを行う必要があるようです。第三者立ち合いの元で、もう一度話し合いましょうということです。この離婚調停でも話がまとまらない場合に、訴訟に入ります。さて裁判になれば、訴状や調停不成立調書又は、事件終了証明書、後は、夫婦それぞれの戸籍謄本といったものが必要になって来ます。一番気になるところは、やはり費用の問題になると思いますが、まずは裁判所に、収入印紙提出の義務があり、離婚をするのかしないのかという場合には、必要な金額は13000円になります。財産分与や養育費、慰謝料などがある場合は、さらに上乗せされて行くとのことです。詳細を知りたい時は、家庭裁判所へ問い合わせてみましょう。そして書類を相手方に郵送する際に必要となる、6000円ほどの郵便切手がまた必要になるそうです。事前に用意するものや、知っておくことは以上ですが、弁護士に弁護をお願いする場合は、さらに弁護費がかかることになります。しかし弁護士をつけなくても構わないそうです。ここからいよいよ裁判になる訳です。何事もそうですが、離婚裁判を行う場合は、事前の準備をしっかりとして行きたいものですね。

Page Top