前へ
次へ

離婚裁判で頼りになる弁護士

協議離婚や調停離婚で離婚が成立しなかった時に離婚裁判に突入していきますが、基本的に離婚裁判で出された判決に不服がある場合は控訴や上告をする事ができます。ただ上告以上はする事ができませんから、判決が決定される事になります。その為後悔を残さない為にも、できるだけ有利な条件で離婚ができるよう裁判を進めていく事が大切です。離婚裁判をするからには、慰謝料の請求等が発生している可能性がありますが、慰謝料が請求されている側は特に弁護士に依頼をする事が大切です。不貞行為等をした側は基本的に圧倒的に不利な状態で裁判を戦う事になるので、少しでも慰謝料の負担を減らす為にも、弁護士のサポートが重要になります。離婚裁判が得意な弁護士であれば、慰謝料を減額する方法も知っているので、依頼者を守る為に積極的に行動をしてくれます。仮に不利な状態でありながら、弁護士に依頼をせずに裁判に突入すれば、ほぼ相手側が求めた慰謝料等の言い分が通る事になってしまうので、とても危険です。

Page Top